2016年10月5日水曜日

10月22日(土)、Think School企画コース第1期公開授業「アカプレ」を開催します!




Think School 企画コース第1期公開授業「アカプレ」

アカプラアートプロジェクトのプレゼンテーション「アカプレ」を開催します!
現在、シンクスクール「第一期 企画コース」では4つのグループに分かれて、アカプラのアートプロジェクトを考える前期課題に取り組んでいます。その課題の公開講評会をテラス計画で行います。講評会には何名か審査員をお招きして、企画について講評をいただきます。シンクスクールがどういう雰囲気なのか?どんな学校か?知ってもらえる講評会にもなっておりますので、皆様ぜひお気軽にお越しください!


日時|2016年10月22日(土)15:00〜17:30
   ※18:00より会場にて懇親会(有料)を予定しています。差し入れ大歓迎!!
会場|テラス計画(札幌市中央区北2条西4丁目 赤れんが テラス5階)※ 3階専用EVへ乗換
WEB|http://www.thinkschool.info/

お問い合わせ|info@projecta.or.jp(担当:赤坂)

10月13日(木)から、「Sapporo Charm Point3 ー写真を撮りながらまちの魅力を発見するワークショップと展覧会ー」を開催します。

Sapporo Charm Point3ー写真を撮りながらまちの魅力を発見するワークショップと展覧会ー

デジカメを持ってまちあるきしながら、まちの魅力を発見するワークショップの第三弾。今回のテーマは、135年以上の歴史を持つロングアーケード『狸小路』。一つ屋根の下に包まれたこの空間は、「なつかしさ」と「今」が混在し、生々しい魅力を発しつづけています。そんな『狸小路』を、写真家の酒井広司さんと一緒にあるきながら撮影した写真を展示します。

「古今懐在」ー懐かしくて新しいが混在するストリート、狸小路を撮りに行こうー
会期:10月13日(木)〜12月1日(木)12月9日(金)※延長しました
時間:10:00〜20:00 ※イベントにより変更あり
会場:眺望ギャラリー テラス計画/札幌市中央区北2条4丁目 赤れんがテラス5階(3階で直通EVに乗継ぎ)
出展:行天フキコ、柴田未江、嶋倉大輔、長尾さや香、松浦照子、松本みどり
写真ワークショップ講師/展示監修:酒井広司(写真家)
協力:狸小路商店街振興組合、FABcafe
コーディネート:窪田映子(株式会社KITABA)、酒井秀治(株式会社ノーザンクロス)
主催:テラス計画(札幌駅前通まちづくり株式会社)011-211-6406/www.sapporoekimae-management.jp

酒井広司
1960年余市生まれ、札幌在住
グレイトーンフォトグラフス有限会社代表
1980年東京工芸大短大部写真技術科卒、同年、「夏の消失点」にて第1回フォックスタルボット賞入賞、同大学の写大ギャラリーに収蔵
1984年より札幌にて個展、グループ展ほか多数参加、2014年「偶景/SightSeeing」他にて第30回写真の町東川賞特別作家賞受賞
日本写真家協会会員、札幌大谷大学非常勤講師

2016年8月14日日曜日

9月18日(日)、「Sapporo Charm Point #3 ー写真を撮りながらまちの魅力を発見するワークショップと展覧会ー」を開催します。

◎Sapporo Charm Point#3 —写真を撮りながらまちの魅力を発見するワークショップと展覧会—

「古今懐在」ー懐かしくて新しいが混在するストリート、狸小路を撮りに行こうー
写真を撮ることは時間を切り分けること。
いま見た新しい、がやがて古くなりいつの間にか懐かしい、に変わってしまうのは写真のなかの出来事。新しい「懐かしい」を写してみましょう。

デジカメを持ってまちあるきしながら、まちの魅力を発見するワークショップ。撮影した写真は、ワークショップの最後に選出し、テラス計画で展示します。
135年以上の歴史を持つロングアーケード『狸小路』。一つ屋根の下に包まれたこの空間は、「なつかしさ」と「今」が混在し、生々しい魅力を発しつづけています。そんな『狸小路』を、写真家の酒井広司さんと一緒にあるきながら写真撮影をします。しかも今回は、みなさんが普段お使いのスマートフォンで撮影していきます。
ワークショップの最後には、参加者に簡単なプレゼンをしていただき、酒井さんと意見交換しながら展示する写真を選出します。
是非ご参加ください。

<日時>2016年9月18日(日)13:00~17:00 ※雨天決行。
<集合場所>狸二条広場(狸小路1丁目 ※創成川公園南3〜南2)
<テーマ・撮影ポイント・コース(予定)>「古今懐在」ー懐かしくて新しいが混在するストリート、狸小路を撮りに行こうー(狸小路1丁目〜狸小路9丁目)
<参加費>無料
<参加者募集人数>10名程度
<申込方法>
・9月10日(土)までに ①お名前 ②年齢 ③携帯電話番号 ④メールアドレスをご記入の上、Facebookのメッセージかメールでお申込みください。
 [テラス計画Facebook] https://www.facebook.com/terracekeikaku
 [e-mail] info@projecta.or.jp
<講師>写真ワークショップ/展示監修:酒井広司(写真家)
<展示>10月13日(木)〜 12月1日or8日(木) ※予定 
<主催>テラス計画(札幌駅前通まちづくり株式会社)

<当日のスケジュール(仮)>
・13:00〜(10分)集合、オリエンテーション
・13:10〜(20分)酒井広司さんによる簡単なデジカメ講習
・13:30〜(90分)まちあるき、写真撮影(狸小路1丁目〜9丁目)
・15:00〜(60分)休憩  お茶・ビール!
・16:00〜(120分)参加者にプレゼンしてもらい、酒井さん、参加者で展示する写真を選出。

※カフェで途中休憩を挟む予定です。そこでの飲み物代は実費となります。

2016年8月6日土曜日

8月19日(金)から、「MONO|大西洋」を開催します。



MONO|大西洋
展示|2016 年8月19 日(金)~ 9 月29 日(木)10:00~20:00
会場|テラス計画(札幌市中央区北2条西4丁目 赤れんが テラス5階)※ 3階専用EVへ乗換
主催|札幌駅前通まちづくり㈱|011-211-6406|www.sapporoekimae-management.jp
この度テラス計画では、イラストレーターの大西洋の個展を開催します。大西洋は、絵を描くとき、よく鉛筆やペンを使います。イメージを膨らませやすくするために、あえて色をなくしモノクロにすることで、安心して自由に線を走らせ、伸びやかな作品を生み出していきます。今回の展示では、紙の上で遊んだペン先の集積を拡大することで、どのような世界が見えてくるのか?を試みます。是非ご覧ください。

ライブペイント&パーティー
日時|2016 年8月28 日(日)|10:00〜19:00(公開制作 10:00~|パーティー16:00 ~)
※ライブペイントの制作開始期間は未定ですが、最終仕上げは8月28 日となります。


大西洋|1976年東京生まれ。東京藝術大学デザイン科卒業。主な仕事として書籍装画、雑誌挿絵、キャラクター制作、広告等。展示やイベントでは、壁等に直接描く。2008年HBファイルコンペ大賞仲條正義賞、09年同コンペ藤枝リュウジ賞特別賞。

2016年7月27日水曜日

8月6日(土)八月祭ラウンジを開催します。

8月6日、テラス計画が「八月祭ラウンジ」となります!!

日時|8月6日(土)14:00〜20:00

会場|テラス計画(中央区北2条西4丁目 赤れんがテラス5階)


アカプラや道庁が見ることができる「眺望ギャラリーテラス計画」に、八月祭ラウンジが登場。
まったり音楽を聴きながら、盆踊りで疲れた体を休めませんか?かたぬきやゲームもご用意しておりますので、お気軽にご利用ください。

2016年6月29日水曜日

7月10日(日)「空想マイシティ ー空想都市の地図をかこうー」



【空想マイシティー 空想都市の地図をかこうー】

7月10日、テラス計画にてワークショップを開催いたします!

東京から地理人・今和泉隆行さんにお越しいただき、一緒にオリジナルの空想地図をつくって、実際に自分が住んでいるまちや暮らし方についても考えるワークショップです。

日時:2016年7月10日(日)
時間:10:00〜12:30
参加費:一般1000円、学生800円
定員:20名
申込方法:お名前・電話番号・メールアドレスをご記載のうえタイトルを「空想地図ワークショップ参加希望」とし、sacasu.0409@gmail.com(担当:赤坂)までご連絡ください。
場所:テラス計画
住所:札幌市中央区北2条西4丁目
   赤れんがテラス5階(3階で直通EVに乗り継ぎ)

講師:今和泉隆行
1985年鹿児島県生まれ、生後すぐに横浜市へ、1990年からは東京都日野市で過ごす。7歳の頃から空想地図(実在しない都市の地図)を描き、小学生のときから、都市地図や統計、郷土資料に興味を持つようになる。2004年、専修大学(環境地理学専攻) 入学。その後、編入学を経て、2009年に埼玉大学経済学部(住民協働のまちづくり)卒業。大学生時代に47都道府県300都市を 回り、その後IT企業勤務、DTPデザイン・オペレーターを経て、2013年より個人事業。2015年に個人事業を継承する形で、株式会社地理人研究所を設立。テレビ番組やゲームの地理監修・地図作成、記事執筆、大学での授業設計補助、ゲスト講師、ワークショップ企画、自治体主催のまちづくりワークショップのゲスト講師等を務める。 2013年に白水社より「みんなの空想地図」を刊行。(株)ゼンリン アドバイザー。日経ビジネスオンライン ライター。
WEB:http://www.chirijin.com/

2016年6月16日木曜日

6月18日から、「 ヘキガ計画2」を開催します。



「ヘキガ計画2」鈴木悠哉

テラス計画では初の試みとなる壁画の展覧会「ヘキガ計画2」を開催します。
アーティストの鈴木悠哉は、街を歩いて気になった光景や風景を写真に撮り、それをドローイングへと抽象化させることで、作家が目にした個人的な光景を、文字でも記号でもない、もう一つの共通言語へと変換させています。その試みは個人的な光景が鑑賞者の想像や誤読によって豊かな物語へと広がっていきます。
今回の展示では、鈴木悠哉による壁画と、7月17日(日)に行う「まちの無意識を発見するワークショップ」の成果を展示します。


会期|2016年6月18日(金)~7月28日(木)
時間|10:0020:00
会場|眺望ギャラリー[テラス計画]
住所|札幌市中央区北2条西4丁目
   赤れんがテラス5階(3階で直通EVに乗り継ぎ)
主催|札幌駅前通まちづくり株式会社
TEL011-211-6406
mailterracekeikaku@gmail.com



■「まちの無意識を発見するワークショップ」

日時|2016 年7 月17 日(日)13:00~16:00(定員10 名 ※予約先着順)
内容|まちを歩いて気になるポイント(まちの中にある人が無意識につくりだした形や組み合わせ、時間で風化した痕跡など)を撮影し、テラス計画でドローイングや絵に抽象化して、作品のプロセスを体験します。

●ワークショップのご予約・お問い合わせ|ワークショップへの参加を希望される方は、①氏名 ②年齢 ③電話番号 ④PCのメールアドレスをご記入のうえ、下記メールアドレスにメールしてください。
info@projecta.or.jp(一般社団法人PROJECTA 赤坂)
●事前に写真を撮って、当日記録媒体を持参してください。ワークショップのご予約をいただいた方に、アーティストからの「写真を撮るポイント」シートをお送りしますので、それを参考に写真を撮ってきていただきます。

鈴木悠哉|1983 年福島市生まれ。 2007 年日本大学芸術学部美術学科卒業。現在は札幌を拠点に活動。主な展覧会に2014年「札幌国際芸術祭2014」500m 美術館(札幌)、「Becoming Undone」Kleiner salon(ベルリン)、2013年「Jeune creation 2013」サンキャトル(パリ)、「out of the music」CAI 02(札幌)、2012年「the one before the break」Duende studio(ロッテルダム)、2011年「かみさまといちにち」salon cojica (札幌)、など。